本サイトでは、念願のマイホームで失敗したくない人が知っておきたい住宅建築の基本を、分かりやすくまとめました。
一戸建ての購入を考えているけれども分からないことが多い、予算面での不安や心配がある、初めてのことなので基礎知識が欲しい、という人に読んで欲しい内容ばかりです。
活用することができる補助金や聞いたことがあるけれども詳しくは知らない坪単価、頭金の相場など知っておきたい情報を分かりやすくまとめています。
また人気が高い住宅設備についても、参考になる情報を集めているので、これから住宅の建築を考えるという人におすすめです。

知っておきたい住宅建築の基本まとめ

知っておきたい住宅建築の基本まとめ 念願の一戸建てを購入しようと思っている人にとって、住宅建築にかかる費用を把握しておくことはとても重要です。
楽しく生活をしたくて住宅を購入したのに、いざ支払いが始まると生活費がぎりぎりになってしまい、余裕を持つことができないとなっては、後悔してしまうことがあります。
住宅建築では、補助金を利用することができる場合も多く、適用条件や補助金額などを知っておいたほうが良いでしょう。
また頭金なしで家賃並みのローン、という宣伝も多いのですが、実際に購入する場合には頭金を準備しておいた方が良い場合も多いです。
実際に住宅建築をした人が用意した頭金の相場を知ることで、資金計画を具体的に立てるときに役立ちます。
住宅建築をするときには、基本知識を持っていることが、マイホームを夢で終わらせないためのポイントなのです。

住宅建築にあたっては事前に勉強しておくことが必要

住宅建築にあたっては事前に勉強しておくことが必要 一生暮らしていくための家を購入するということを夢として持っている方も多いのではないでしょうか。
そのような方にとって、満足のいく住宅建築をすることは重要なことになってきます。
しかし、自分で建築できるという方はそう相違ないので、依頼して建ててもらうことになりますが、その時に何の知識もないままだと様々な問題が生じてしまうことになります。
建て替えということも簡単にはできないので、後悔したまま長い時間を過ごしていくことになってしまうのです。
そういったことを防ぐためには、ある程度の知識を勉強したうえで住宅建築に取り組むということが必要になってくるのです。
注文するにあたっても、やはり基本的な用語についての理解は必要となってきます。
関連の書籍などに目を通していくなどして知識を得てみましょう。
モデルハウスなどを巡ってみるのもおすすめです。
それぞれのメーカーの比較ができたり、どのような設備があるのかなどについて知ることができます。
また、住宅を建てるうえで必要となる法律などについてもチェックしておきましょう。
知っておくことで避けられるトラブルなどもあります。
価格の大きな取引になるからこそ、事前の勉強が必要となっていくのです。

住宅建築の設計で特に意識する必要がある点を解説!

住宅建築の設計には注意を要する点が多くありますが、以下に挙げるのはそのなかでも特に重要なものです。
いろいろと考え始める前に予算を明らかにしなければなりません。
いくら構想を練っても資金の事情で実現できなければ意味がないため、最初の段階で担当者に明示しておく必要があります。
また、形態の制限に関するチェックも忘れないでください。
建築基準法によって、そこに建てられる住宅建築には建蔽率などの範囲が決められています。
十分に把握しておかないと、予定していた増築が不可能になるなどの支障が生じかねません。
さらに、動線計画をしっかり行っておくことも重要なポイントです。
実際に、家族が暮らしている様子をイメージしましょう。
一人ひとりにスポットライトを当てて、移動の効率が悪くないか検討していくことが基本です。
リビングを中心として各部屋や外へのルートを確認していきます。
その他に、居室や階段などの位置を慎重に決める姿勢も求められます。

住宅建築はデザイン面の検討も大切となります

住宅建築を進める際には、デザイン面の検討も大切となります。
分譲住宅では難しい、細かな部分に至るまでカスタマイズできる注文住宅を活用して家を建てる方が増えているのです。
理想の住まいを構築することで、長きに亘って心地良い暮らしを実現することを目指しているのです。
住宅建築を検討する際には、間取りや住宅設備などの機能面を意識しがちなものです。
家を建てる方の多くは、家族構成に見合った住環境の構築を考えた設計を行うものです。
長きに亘って暮らすための家屋ですから、機能面は勿論のこと、外観を含めたデザイン性の良さも大切な検討事項となっていきます。
外観の綺麗さは、物件の資産価値の向上を実現することにも繋がるからです。
将来的に売却を検討する事態が訪れたとしても、高値で自分の物件を売却できるのです。
殆どの住宅メーカーでは、建築イメージを確認するためのモデルルームを備えています。
週末などの空いた時間を活用して、家族で訪ねて行ってみるのも良いでしょう。

住宅建築における設計では自分のアイデアを取り入れてもらえる

住宅建築を希望するとき、設計は建築士やデザイナーが決めたものになると思っている人は非常に多いです。たしかに、プロが考えたアイデアを採用するケースも多いですが、近頃は自分たちのアイデアを取り入れてもらえる住宅建築会社が増えています。
完全自由となっている場合は細部に至るまで家族のアイデアや好みを取り入れてもらうことができますし、パッケージ化された住宅を購入する場合でも外観や間取り、内装などをカスタマイズできるケースもあることを知っておくと良いです。住宅建築の際に意見を反映させることができるのであれば、理想的で愛着のある住宅をつくることができます。考えるのが大変そうだと感じる人もいるかもしれませんが、その場合は部分的に採用されるプランを選ぶことによって好みを反映させることが可能です。住宅建築における設計はプロだけに任せるのではなく、自分たちの考えや希望を採用してもらえることも多いと知っておきましょう。

住宅建築のデザインを考えたり決めるコツについて

住宅建築は設備や快適な居住性も重要ですが、やはりデザインについても軽視できないのではないでしょうか。予算的に優先順位が低いとしても、住宅建築において外観を無視することは不可能ですし、生活する以上は拘りたいところです。ただ、いわゆるデザイナーズ住宅は外観だけでも高額な費用が掛かるので、予算に余裕がないと外観に予算を掛けるのは困難です。更に周辺環境の都合もありますから、景観を損ねないように気をつけなければいけないのもネックです。
住宅建築の現実的な答えとなるのは、既存のデザインを参考に、一部を変更したりアクセントをつける形で手を加える方法です。これなら1から外観を設計する必要がありませんし、大きなコストも掛けずに済むので合理的だといえます。景観を損ねる心配もなく、それでいて個性を主張できますから、ありきたりの印象を与えてしまう恐れもないわけです。予算の制限なく自由に外観を決められるとなると、個性が強くなり過ぎる恐れはありますが、既存の外観に手を加える住宅建築ならその心配はなくなるのではないでしょうか。

住宅建築で選ぶ不動産会社は性能の比較も大切

住宅建築の不動産会社を決めるときには、建てられる住まいの性能を必ず比較してください。そもそも住宅の性能、いわゆる断熱性や耐震性、気密性などは住宅建築の工法によって違いがあります。そのため住宅建築をした不動産会社が採用した工法によって、断熱性や耐震性などにも大きな差が出てきます。
不動産会社を決めるときには、価格やデザインなどの部分に目が行くかもしれません。しかしこれから長く暮らし続ける住まいで最も大切なポイントは性能で、たとえば断熱性が低いと効率的に冷暖房を運転できず光熱費がアップしてしまったり、耐震性が低いと大地震が発生したときの被害も大きくなります。家族の暮らしやすさや安全を守るためには重要なポイントなので、必ず不動産会社は性能もチェックしながら選びましょう。比較をする際には、それぞれの不動産会社が住宅建築で強みとしている工法などの部分を比べてみると、性能の違いも把握できるようになります。

住宅建築に関して重要なのがしっかりとした耐震性の確保

住宅建築をする場合にはデザイン性や間取りなどに注目をすることに重点を置くケースが多いものですが、家の機能として最も重要となる安全性に関する項目も忘れてはいけないものです。
日本は世界的にも稀な地震国となっており、21世紀に入ってからも東日本大震災をはじめ、中越地震や熊本地震、北海道胆振東部地震など最大震度7を記録する地震が頻発しており、住まう人の命や財産を守るためにも耐震性の高い住宅建築が必須とも言える状況です。近年の建築技術は飛躍的に進歩しており一般的な住宅建築でも地震による倒壊を防ぐ程度の性能を確保することは可能ですが、くり返し襲ってくる揺れにも耐えられる耐久性を有している住宅であったり、揺れそのものを遮断するなどの機能を有する工法を採用していたりする住宅もあるなど、その性能はますます向上しています。これから住宅建築を検討されている方においては、より高度な耐震性能を確保している工法を比較検討し、納得のできる家造りをしていくことがおすすめです。

快適な住宅建築のために重要な住宅の断熱性

快適な住宅建築では、断熱性が大切です。断熱性を軽視した住宅建築をすると、室内の空気は外気の影響を受けやすくなります。
そのため夏に室内をクーラーで冷やしても、外の暑い空気によって温められるので効率的ではありません。反対に冬も暖房で暖められた空気が外気によって冷やされるので、室内は暖かくなりません。このように効率的に冷暖房を使うことができないと、電気代が高くなります。
通常よりもクーラーや暖房を使い続ける必要があるため、電気代が高くなり光熱費の負担が増えてしまいます。つまり住宅建築で無視してしまうと、暮らしやすさだけではなく経済的にも大きなデメリットがあるわけです。近年ではエコ志向の高まりから、各不動産会社ともに力を入れている部分の一つです。現在の住宅建築では高めておくべき性能の一つとして考えられており、一昔前の住まいに比べると性能が高く、経済的にも暮らしやすさの面でも大きなメリットがあります。

地球の環境に優しい住宅建築になるエコ住宅

住宅建築のエコ住宅とは、地球の環境に優しい住まいのことです。具体的には住宅建築の段階で断熱性などの住宅性能を高めて、冷暖房の効率性をアップしエネルギーの消費を抑えます。
エネルギーの消費を抑えることで二酸化炭素の排出量を削減し、地球温暖化の防止に貢献できます。エコを意識した住宅建築では、壁や屋根などに断熱材を入れて性能を高める他にもさまざまな工夫がされてきました。
壁や屋根だけではなく床にも断熱材を入れたり、窓やドアには気密性の高いものを選ぶことで室内の空気と外気をシャットアウトしています。このように外気と室内の空気を完全に切り分けることで、冷房や暖房で冷やしたり暖めた空気も外気の影響を受けません。そのため少ないエネルギーで効率的に冷暖房を使えるようになり、地球の環境に貢献できるだけではなく、光熱費の削減につながるので大人気です。これからの住宅建築では、エコ住宅の考え方はさらに広がっていくとされています。

住宅建築を考えるならばエクステリアにも力を入れる

住宅建築を考えている場合には、インテリアに力を入れる人は多いです。確かに、人間がそこに住む場合にはインテリアが1番目につくためこれは仕方のないことでしょう。
インテリアをきれいにすれば、魅力的な住宅になることは間違いありません。そして住宅建築をする楽しみも出てくるはずです。ですが、エクステリアも非常に重要なことも頭に入れておかなければいけないところです。1つは、庭をどのようにするかになります。一般的には、草木を植えるかコンクリートやタイル等を敷き詰めてきれいにする方法があります。緑が好きな人は、コンクリートやタイルを避けて芝生等を終えてみると良いかもしれません。樹木も重要になりますが、落ち葉のことを考えると冬になっても落ち葉が落ちないものが良いかもしれません。もちろん逆で、落ち葉が風情があると感じる場合には紅葉時でも問題ないでしょう。後は、外壁をどのようにするかはとても重要になります。外壁のセンスでその住人のイメージが変わるかもしれないからです。

住宅建築で採用される2×4工法で感じるメリットは沢山あります

住宅建築を行う会社では、2×4工法を採用していることも多く、意外と古い時代から採用されてきた建築方法になります。木材の断面が2インチと4インチに製材されていることでこの名称が有名になりましたが、実際には2×6や2×8などもあり、住宅建築では最適な組み合わせをしていることも前提です。
この工法が人気な理由には、まずは住宅を建てるスピードが速いことをあげることができます。工場内で設計図を確認しながら木材をカットして、そのまま現場で組み立てをする方法、感性した居室をそのまま搬送し、現場で設置をする方法などが採用されており、かなりの時短に成功する建築法です。他には在来工法とは大きく異なる点があり、2×4工法では床や壁、天井などをバラバラに作るのではなく、床と天井、壁を6面体で作り出す方法なので、火災被害に強いメリットや、地震に強いメリットがあります。現状としては輸入木材に頼ることが必須になりますが、国内ではインチ数で規格が明確に決まっている故に、接続箇所の金属製の補強金具が販売されていることもメリットではないでしょうか。

住宅建築は通常時だけでなく災害時を考えて建てる

住宅建築というと、外観デザインや外構に玄関や間取り、内装や設備が主に気になることや考えるところではないでしょうか。確かに毎日過ごす家になるので快適性が重要ですし、自分好みの家に仕上げたいと思うのは誰にとっても当然です。
憧れの家を建てたり購入するのであれば、拘りを盛込んだり好きなものに囲まれて生活したいものです。しかし、家は生活する場としてだけでなく、人命や財産を守る一種のシェルターでもあります。シェルターの機能を発揮するのは災害時ですから、住宅建築の際には万が一を想定して、家族や家財を守れるようにするべきです。災害時のことより、平和な時のことを考えて楽しく住宅建築をしたいというのも分かりますが、自然災害は突然発生しますし容赦なく大切なものを奪います。だからこそ耐震と免震や停電時の備えになる太陽光発電システムと蓄電池、タンク内蔵で空気の熱と僅かな電気でお湯を沸かす給湯器などが注目を集めているのではないでしょうか。

SDGsに貢献することが可能な住宅建築のトピック

SDGsとは持続可能な開発目標のことです。地球環境に強い負荷をかけるのではなく、同じことを続けていける開発をするということです。
住宅建築に関してもSDGsは大きなテーマです。住宅建築には多大なエネルギーがかかりますし、住宅の性能によって使用するエネルギー量が変わってくるからです。
近年住宅の性能で重視されているのが断熱性と気密性です。すきま風が少なく、熱が移りにくい住宅ならば、冷暖房の効きがよく冷暖房にかかるエネルギー量が少なくてすみます。木造住宅でもCLTというパネルが注目されていますし、RC造も断熱性に優れた外断熱を重視する人が多いです。
次に住宅に設置する太陽光パネルと蓄電池です。これらを設置すると、昼間の光から電気を発電しチャージしておくことができます。晴天が続けば外部から電力を買う必要がありませんし、電気自動車ならばガソリンなどのエネルギーを買う必要もありません。地球に優しい住宅になるのです。

住宅建築はユニバーサルデザインがトレンドに

住宅建築の際はご家族にお年寄りや障害者の方が居る場合は、暮らしやすくするために段差を無くしたり手すりを設置するなどバリアフリーにすることが全盛だった時代がありましたが、そこで課題だったのが気持ちの問題です。
バリアフリーでは特別感があることから気をつかってしまい、どこか肩の凝る暮らしになってしまうことも少なくありませんでした。そんな問題を解決するために登場したのが、誰にとっても暮らしやすいユニバーサルデザインという考え方です。例えば段差を無くすことはお年寄りや障害者の方に特化するのではなく、小さなお子様から大人まで誰もが歩きやすい場所とすることで精神的な負担を和らげるのをはじめ、手すりはお年寄りと障害者の方だけのものではなく、怪我をした時やちょっと疲れた時につかまれば誰もが安全に移動ができます。ユニバーサルデザインという概念がそこで暮らす全ての人にとって安らぎを与え、先進的な住宅建築を実現します。

住宅建築を設計事務所に依頼することが基本となっている

注文住宅等の住宅建築においては、いろいろな人の力を借りることが必要になります。お金を払っているため、当然いろいろな会社が動いてくれることになるかもしれません。その中で縁の下の力持ちというのが設計事務所になります。注文住宅の住宅建築をする場合、設計事務所は一体どのような役割を果たしているのでしょうか。
その役割の1つが、デザインすることにあります。例えば住宅にはそれぞれのデザインがあり形が存在しているわけですが、これは事務所の方でデザインをしているためそれぞれ異なるわけです。100人のデザイナーがいれば100通りの住宅があるように、それぞれ個性があるのが特徴です。ただ、有名なデザイナーにお願いしてしまうと、かなりのお金がかかるため注意をしなければいけません。テレビなどでよく出演しているデザイナーなどは、お願いすると10,000,000円位のお金がかかります。場合によっては、半年以上待たされることがあるかもしれません。

おすすめの家づくり情報サイト

東京で二世帯住宅を建てる